スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

データのバックアップ先は?

パソコンなんてなぁ、所詮機械な訳だからいつかはクラッシュしちまうもの。

そんな時にバックアップをとってなくて泣く泣く諦める、てな話ありがち。

やっぱパソコン以外にもデータを預けておくべきでしょう。
少なくとも2カ所にデータをいれとかなくてはいけない。
パソコンとナニカ、とかナニカとナニカ(パソコンのデータを消しちゃう場合ね)
どちらかが壊れた時の為のバックアップだからね。

一般的には外付HDD。
大きいのは3Tとかになるんで、大量のデータの保存には一番向いてるね。
NASまで構築しちゃえばすごく便利。
ただし、ハードディスクなんてのは壊れやすい機械な訳だから、かならず同じデータは何処かに置いとかなきゃいけない。

大した量がない場合はUSBフラッシュメモリて手もある。
わたしはこの方法を今現在使ってます。
ただし、アクセスの上限があるようで1万回くらいだったかな。
アクセスつーのは例えばポートに差して1回、中身を見て1回、データを転送して1回、抜く時に1回。
物理的な破損も多いかもね。
ポートに差したまんま蹴りをいれちゃうとか(やっちゃいました(⌒-⌒; ))

メディアではやはりDVDーRAMが使いやすいかな?
パソコンの延長線みたいな感じでデータのやり取りができるから。
ただし、製品としてのバラツキがあるため年1回ほどデータの転送して、読み込みエラーが生じてないかどうかのチェックは必要な様です。
経年変化にも注意してなくてはいけないしね。

オンラインストレージサービス。
ハード的には一番信用ができるかもしれない。
一台数百万円もするHDDにデータを預けるわけだから。
しかし、これも100%安心できるわけじゃないし、他人のデータと同じ場所に預けるわけだから、いろんな心配は想像できる。
無料の場合、ファイルのサイズに制限があったり、最大容量に制限があったりも。
ウィルスに関しては入ってくるデータをスキャンしてたりする様だが、個人情報の流出に関しては大抵のサービスがユーザーの自己責任で、となっているようだ。
もう一点。回線速度によってはデータのアップロードでひどくストレス感じます。

自分がもし今バックアップを使うとしたら、やはり外付HDDとiCloudかな。
もっとも大事な写真は今んとこ絵の素材くらいだし、音楽ファイルもWAVE形式で音楽CDにしちまってるか。

大して重要なもんはないな(笑)



関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


カウンター

プロフィール

Jack

Author:Jack
名古屋市出身、秋田に18年在住、一人になって現在は栃木県足利市在住。
同居人はシベリアンハスキーの「紫苑」とオカメインコの「うぃん」
休みの日はお絵描きったり、カラオケったり(笑)
おいしいモンを造って食べたい。

コメント、ど~ぞお気軽に
        (゚∀゚)

Twittar@Rockhopppper

Flashカレンダー

最近の記事

itunes

ブログ検索

ブロとも申請フォーム

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。